【コイ】のトレーニング法

【コイ】のトレーニング法

【コイ】のトレーニング法

 

確実にあなたのもとに戻ることで、義務感が芽生えます。

 

「コイ」はかならず教えておきたいトレーニングです。これができれば、離れていてもトイプードルを呼び寄せることができます。家でも外でも、「コイ」ができれば何かと便利です。広い場所でもできるようになりましょう。

 

義務感を持って、飼い主のもとまでまっすぐ戻れるようにするためには室内の練習のときから、きちんと足元まで戻ってきたらほめることを徹底します。中途半端な戻り方でほめていると、戻ったり戻らなかったりしてしまうので注意してください。

 

目標
  • 「コイ」の指示であなたのもとに戻れるようにする。
  • 指示にすぐ反応し、サッと来るようにする。
  • 寄り道せずに戻り、足元で座れるようにする。

 

STEP @ あなたのところに来ることが楽しいことだと教えます

 

まずは室内で練習します。名前を呼び、ごほうびのおやつを見せて、アイコンタクトをとります。

 

「コイ」の指示を出し、自分の胸元をたたきトイプードルの戻る場所をしめしましょう。戻ってきたら、トイプードルを座らせて、落ち着いた状態でおやつを与えてよくほめます。

 

最初は数十cmの距離からスタートして、徐々に距離をのばして行きます。

 

STEP A 確実にはやく戻れるようにする

 

リードをつけて誘い込み、より確実にはやく戻れるようにしましょう。

 

まずリードをつけて、リードの長さぶんトイプードルから離れます。「コイ」の指示を出してトイプードルが動きはじめたら、あとずさりをしてトイプードルを誘い込みます。

 

あとずさりするときは、ここでも胸元をトントンとたたきながら戻る場所を示してあげましょう。逃げるものを追いかけたくなる本能が刺激されて、はやくあなたのところに行きたくなる習性を利用します。足早にあなたのところに戻るようになります。

 

室内でリードをつけてできるようになったら、リードなしでも挑戦してみましょう。外で練習するときには10〜20mのロングリードをつかいましょう。

 

STEP B じらす

 

じらすことでトイプードルがあなたのもとへとんでくるようにします。

 

友達などにトイプードルをおさえていもらい、あなたは少し離れたところで後ろを向きます。トイプードルがあなたのところにいこうとしても数十秒そのままでおさえてもらいます。

 

トイプードルがじれてきたらふりかえって「コイ」の指示をだします。トイプードルが来たら、座らせて落ち着いたらよくほめます。くりかえし練習し、徐々に距離を長くしていきます。

 

トイプードルをおさえておいてもらう人は、普段あまり接点がない人が望ましいです。おさえてもらっている時にトイプードルが吠えたりしても我慢して知らんぷりして振り向かないようにしましょう。

 

トイプードルがひとりで遊んでいるときや、他の犬がいる場所でやってみるなどして、少しずつ難易度を上げていきましょう。

 

簡単・確実におりこうなトイプードルになる方法

 

このサイトで紹介しているしつけの方法であなたのトイプードルはおりこうになるはずです。おりこうになったトイプードルとの暮らしを満喫してください!

 

その一方で、ほかのトイプードルよりも物覚えが悪かったり、大きくなってしまっていて悪い習慣が定着してしまい、当サイトで紹介した方法では治らないというケースもあります。

 

そのような場合は諦めるしかないのでしょうか?

 

いいえ、全く問題ありません。当サイトで紹介したしつけの方法よりも簡単に実践できて、よりおりこうな犬にする方法があるんです。

 

我が家にもトイプードルが二匹いて、二匹目が家に来た時は一匹目は既に大きくなっていました。一匹目のトイプードルは当サイトで紹介したしつけ法でじっくりと育てることができたので、それなりにいい子に育ってくれました。

 

しかし、二匹目が家に来たときは、ちょうど育児など色々なことが重なり忙しすぎて、満足なしつけができない状態でした。そのままほとんど何もしつけをしなかったのが悪かったのでしょう、二匹目は暴れん坊になってしまいました。言うことをきかない、唸る、吠える、ものを壊す、毎回違う場所でおしっこをするで大変でした。そうこうしている間に成犬になってしまい、悪い習慣も抜けなくなっていました。

 

多頭飼いの場合、普通はある程度年上の犬を手本にして「いい子」になってくれるものなのですが、二匹目の子は違いました。天然の暴れん坊でした(私がしつけを怠ったのが最大の原因ですが…)。

 

そこで、評判の良かったこのしつけ法を試すことにしました。少し時間はかかりましたが、最終的に見事に「いい子」に変わってくれました!

 

このしつけ法は一般的な犬のしつけ法とは違いました。その犬の性格に合わせたしつけを実践するんです。つまり、一匹一匹違ったしつけ法なんです。そこが効果があった理由の一つだと思います。

 

このしつけ法を知るまでは、訓練所に入れようかとも考えました。しかし訓練所は高い費用がかかりますし、戻ってきて訓練士がいない環境になるとまた元に戻るとも言いますし、暴力を振るう所もあるようでしたので、訓練所には預けたくなかったんです。

 

今では二匹目も立派な「いい子」になってくれました。あの頃の暴れん坊が嘘のように「いい子」になってくれました。

 

「ウチの子は頭が悪いから」「もう大人になっちゃったから」と諦める必要はありません。公式サイトの動画を見てもらうとわかると思いますが、どんな問題犬でも「いい子」になっているんです。自分でしつけるので元の問題犬に戻るなんてこともありませんし。

 

簡単確実に「いい子」なってくれるしつけ法です。可愛いトイプードルとの充実した生活を送りたい人には、この「森田誠」さんのしつけ法をオススメします。