【マテ】のトレーニング法

【マテ】のトレーニング法

【マテ】のトレーニング法

 

がまんして飼い主が戻るまで待つと信頼が深まります。

 

「マテ」はがまんの体勢です。飼い主の許可が出るまで動かないでじっとできるようにします。最初は短い時間からはじめて、徐々に時間をのばします。

 

スーパーの前でじっとしている犬を見ると、「えらいなぁ」って思いませんか?感心させられます。

 

きちんと待てるトイプードルは、落ち着いていて、安心しています。待っていれば、飼い主は絶対戻ってくるという確信があるのです。「マテ」のトレーニングをするうちに、そういう気持ちが芽生えてきます。飼い主を信頼するトレーニングでもあるということです。

 

目標
  • 体勢を崩さないで待ちつづける。
  • 侍っているあいだもあなたに意識を向ける。
  • 徐々に時間をのばして5分程度は待てるようにする。
  • あなたが動いたり見えなくても待てるようにする。

 

STEP @ 「マテ」と指示を出し、リードの長さぶん離れる

 

ワク内で「スワレ」でトイプードルを座らせ、「マテ」で待たせます。

 

はじめは数秒待てたらごほうびを与え、座った体勢のままで静かにほめます。徐々に待つ時間と距離をのはしていきます。

 

最初はおやつを見せながら「マテ」。徐々におやつを隠し、なくても待てるようにします。

 

ポイントは、1歩下がるごとに「マテ」と言って目と目をあわせることです。

 

STEP A トイプードルのまわりを一周する

 

「マテ」でトイプードルから離れ、トイプードルのまわりを歩きます。

 

トイプードルがそわそわしたら「マテ」でリードを軽くはじき、集中させましょう。動く前に合図するのがコツです。

 

トイプードルの周りを歩くときは、リードはたるませた状態で歩きます。最初はトイプードルの目の前を左右に1〜2歩ずつ。徐々に左右に1周ずつまわってください。

 

トイプードルは飼い主の姿が見えなくなると不安になり、動きたくなります。そわそわしていたら「マテ」と声をかけてください。

 

STEP B 離れても待てるようにする

 

「マテ」と言って徐々に離れながら、リードを床に置きます。

 

トイプードルがそわそわしたら、リードを持ち、軽くはじいて「マテ」の合図を出します。リードを置いたままトイプードルの周りを回ったり遠くに離れることに挑戦しましょう。

 

リードを床に置いても、はじめはリードの端をスグに掴める距離で練習します。徐々に距離をのばしていきましょう。最終的にはあなたの姿が見えなくても待てるようにしましょう。

 

リードを外してできるようになったら、ワクも外したり、場所を変えたりして練習しましょう。

 

簡単・確実におりこうなトイプードルになる方法

 

このサイトで紹介しているしつけの方法であなたのトイプードルはおりこうになるはずです。おりこうになったトイプードルとの暮らしを満喫してください!

 

その一方で、ほかのトイプードルよりも物覚えが悪かったり、大きくなってしまっていて悪い習慣が定着してしまい、当サイトで紹介した方法では治らないというケースもあります。

 

そのような場合は諦めるしかないのでしょうか?

 

いいえ、全く問題ありません。当サイトで紹介したしつけの方法よりも簡単に実践できて、よりおりこうな犬にする方法があるんです。

 

我が家にもトイプードルが二匹いて、二匹目が家に来た時は一匹目は既に大きくなっていました。一匹目のトイプードルは当サイトで紹介したしつけ法でじっくりと育てることができたので、それなりにいい子に育ってくれました。

 

しかし、二匹目が家に来たときは、ちょうど育児など色々なことが重なり忙しすぎて、満足なしつけができない状態でした。そのままほとんど何もしつけをしなかったのが悪かったのでしょう、二匹目は暴れん坊になってしまいました。言うことをきかない、唸る、吠える、ものを壊す、毎回違う場所でおしっこをするで大変でした。そうこうしている間に成犬になってしまい、悪い習慣も抜けなくなっていました。

 

多頭飼いの場合、普通はある程度年上の犬を手本にして「いい子」になってくれるものなのですが、二匹目の子は違いました。天然の暴れん坊でした(私がしつけを怠ったのが最大の原因ですが…)。

 

そこで、評判の良かったこのしつけ法を試すことにしました。少し時間はかかりましたが、最終的に見事に「いい子」に変わってくれました!

 

このしつけ法は一般的な犬のしつけ法とは違いました。その犬の性格に合わせたしつけを実践するんです。つまり、一匹一匹違ったしつけ法なんです。そこが効果があった理由の一つだと思います。

 

このしつけ法を知るまでは、訓練所に入れようかとも考えました。しかし訓練所は高い費用がかかりますし、戻ってきて訓練士がいない環境になるとまた元に戻るとも言いますし、暴力を振るう所もあるようでしたので、訓練所には預けたくなかったんです。

 

今では二匹目も立派な「いい子」になってくれました。あの頃の暴れん坊が嘘のように「いい子」になってくれました。

 

「ウチの子は頭が悪いから」「もう大人になっちゃったから」と諦める必要はありません。公式サイトの動画を見てもらうとわかると思いますが、どんな問題犬でも「いい子」になっているんです。自分でしつけるので元の問題犬に戻るなんてこともありませんし。

 

簡単確実に「いい子」なってくれるしつけ法です。可愛いトイプードルとの充実した生活を送りたい人には、この「森田誠」さんのしつけ法をオススメします。