トイプードルとお出かけする時の基本

トイプードルとお出かけする時の基本

トイプードルとお出かけする時の基本

 

バッグやゲージに慣らして遊びに行こう

 

トイ・プードルと暮らすなら、近所の散歩だけでなく、街にショッピングに出かけたり、旅行に出かけたりもしたいもの。

 

移動用のキャリーバッグやゲージに慣らしておけば、いろいろなところに遊びに行けます。慣らし方は「ハウス」と同じです。

 

移動することに慣れていると、お出かけだけでなく動物病院に行くとき、災害時に移動するときにも便利。どんな場所でもバッグやゲージが自分の居場所だとわかつていると、おたがい安心して過ごせます。

 

信頼できる飼い主との外出なら安心する

 

一歩外に出たら、飼い主が、犬の安全に注意を払って過ごさなければなりません。

 

外に出たときに必要となるものを準備します。排泄を処理するためのグッズや水、おやつ、ネームタグ等も必需品。

 

また、昔から「猫は家につき、犬は人につく」といわれます。居場所がどこであろうと、犬は飼い主と一緒にいられれば安心できる動物なのです。

 

外出先でのトラブルを防ぐためには、ふだんからトレーニングで信頼関係をつくっておき、出先でも飼い主自身が落ち着いた態度で過ごすことが大事です。

 

 

キャリーバッグスタイル

 

犬連れショッピング、ドックカフェなど、徒歩や電車の移動にはペット専用キャリーバッグが便利です。

 

POINT
  • 肩にかける部分がクッションで補強されていると持ち運びが楽。
  • メッシュ加工がほどこされていると、通気がよく蒸れにくい。
  • 底がしっかりしていて、犬が入ったときに安定するものがベスト。

 

移動用ケージ

 

バリケンやグレートと呼ばれる移動用のハードタイプのケージは、車や飛行機、長時間の移動用に使うのがオススメです。

 

POINT
  • 上にものを置いも形が崩れない硬さのものを。
  • サイドにも通気口があるものがオススメ。
  • 上下をとりはずして掃除することができるものが○。
  • 扉はトイプードルの様子が見れるように網目で通気性が優れたものを。

 

お出かけの移動手段によって方法が異なる

 

マイカーや公共の乗り物を使う時は、それぞれ乗せる方法や注意点が異なります。

 

トイプードルに負担がかからないように、安全に移動できるように気をつけてください。

 

 

トイプードルをむき出しのまま乗せるのは危険です。ケージに入れて座席にセットしましょう。

 

移動用のハードタイプのケージに入れて、後部座席の下など、ブレーキをかけたときでも動かない位置に置きます。

 

フリーにして、助手席などに乗せていると、万が一のときに危険です。おとなしい犬でも、何かの拍子に暴れたり、騒いだりすることもあります。

 

ケージに入れずに車に乗せると、大きな事故につながることもあるので注意してください。

 

電車・バス

 

かならずキャリーバッグに入れましょう。体を出さないように注意してください!

 

電車やバスなどの公共の乗り物に乗せるときは、近場ならキャリーバッグでOKです。遠出をするなら、安定感のある移動用ゲージのほうが安心です。

 

電車運賃はJRの場合280円かかります。その他は電車もバスも無料が多いようです。

 

どの場合でもトイプードルの体を出したりしないようにしましょう。

 

飛行機(国内)

 

ケ−ジごと貨物室に積み込まれます。サイズの規定を確認しましょう。

 

国内線の飛行機をつかう場合、移動用ゲージごと預けて、貨物室での移動になります。運賃は5000円程度。

 

航空会社ごとにゲージのサイズが決まっていて、貸し出し(有料)もおこなっています。

 

貨物室なので犬の様子は見られません。心配なら事前に獣医師に相談してからのほうがいいでしょう。

 

飛行機(国外)

 

国内と相手国の検疫が必要になります。また、その条件を細かく確認する必要があります。

 

海外旅行には、犬の個体情報が入ったマイクロチップの装着、各種予防接種や届け出なども必要です。

 

動物の輸入、輸出には検疫があります。渡航先の国の狂犬病の発生状況や入国時の条件を調べないといけません。

 

相手国が狂犬病の発生国の場合は、帰国時に検疫の待機期間(180日)があります。

 

簡単・確実におりこうなトイプードルになる方法

 

このサイトで紹介しているしつけの方法であなたのトイプードルはおりこうになるはずです。おりこうになったトイプードルとの暮らしを満喫してください!

 

その一方で、ほかのトイプードルよりも物覚えが悪かったり、大きくなってしまっていて悪い習慣が定着してしまい、当サイトで紹介した方法では治らないというケースもあります。

 

そのような場合は諦めるしかないのでしょうか?

 

いいえ、全く問題ありません。当サイトで紹介したしつけの方法よりも簡単に実践できて、よりおりこうな犬にする方法があるんです。

 

我が家にもトイプードルが二匹いて、二匹目が家に来た時は一匹目は既に大きくなっていました。一匹目のトイプードルは当サイトで紹介したしつけ法でじっくりと育てることができたので、それなりにいい子に育ってくれました。

 

しかし、二匹目が家に来たときは、ちょうど育児など色々なことが重なり忙しすぎて、満足なしつけができない状態でした。そのままほとんど何もしつけをしなかったのが悪かったのでしょう、二匹目は暴れん坊になってしまいました。言うことをきかない、唸る、吠える、ものを壊す、毎回違う場所でおしっこをするで大変でした。そうこうしている間に成犬になってしまい、悪い習慣も抜けなくなっていました。

 

多頭飼いの場合、普通はある程度年上の犬を手本にして「いい子」になってくれるものなのですが、二匹目の子は違いました。天然の暴れん坊でした(私がしつけを怠ったのが最大の原因ですが…)。

 

そこで、評判の良かったこのしつけ法を試すことにしました。少し時間はかかりましたが、最終的に見事に「いい子」に変わってくれました!

 

このしつけ法は一般的な犬のしつけ法とは違いました。その犬の性格に合わせたしつけを実践するんです。つまり、一匹一匹違ったしつけ法なんです。そこが効果があった理由の一つだと思います。

 

このしつけ法を知るまでは、訓練所に入れようかとも考えました。しかし訓練所は高い費用がかかりますし、戻ってきて訓練士がいない環境になるとまた元に戻るとも言いますし、暴力を振るう所もあるようでしたので、訓練所には預けたくなかったんです。

 

今では二匹目も立派な「いい子」になってくれました。あの頃の暴れん坊が嘘のように「いい子」になってくれました。

 

「ウチの子は頭が悪いから」「もう大人になっちゃったから」と諦める必要はありません。公式サイトの動画を見てもらうとわかると思いますが、どんな問題犬でも「いい子」になっているんです。自分でしつけるので元の問題犬に戻るなんてこともありませんし。

 

簡単確実に「いい子」なってくれるしつけ法です。可愛いトイプードルとの充実した生活を送りたい人には、この「森田誠」さんのしつけ法をオススメします。