トイプードルの基本トレーニングを始めるための準備

トイプードルの基本トレーニングを始めるための準備

基本トレーニングを始めるための準備

 

基本トレーニングはトップページで紹介しているしつけとマナーができるようになってから開始するようにしてください。

 

トレーニングはほめられる楽しいゲーム感覚で行います。

 

生活のマナーが身についてきたら、トレーニングをはじめます。言葉の指示に、義務感を持って従うことを教えます。「スワレ」「マテ」「フセ」……などの基本的な服従訓練です。

 

こうしたトレーニングを食事前の10〜15分をつかい、毎日おこないます。

 

あなたの言葉を理解して実行すると、ほめられて、ごほうびがもらえる。犬にとっては楽しいゲームです。

 

トレーニングのためのワクを準備する

 

基本トレーニングに入る前に、基本トレーニングを始めるための準備をします。

 

トレーニング用の場所(枠)を設置します。ワクでしきられると、他の場所との違いを認識しやすくなります。

 

ここにくると、あなたにかまってもらえる、ほめてもらえる、とわかれば、犬のほうから積極的にワクに入るようになります。

 

ワクはトイプードルが認識できる、適度に動きまわれるサイズにしましょう。ワクの高さは犬がまたげる程度でOKです。

 

ワクのなかでごはんを与えると、ワクに対して好印象を持たせることができます。

 

トイプードルに「ワクのなかにいるとワクワクするいいことがある」と思わせることが大切です。

 

トイプードルが戸惑ううちは、ワクの一面をはずして、「コ」の字の形にして、ワクのなかに入りやすくしておきます。

 

枠の中に入れてアイコンタクトをとる

 

では、ワクを使った基本中の基本のトレーニングを始めましょう。

 

すべてのトレーニングの基礎は、トイプードルとアイコンタクトをとることです。ワクに入ったトイプードルの名前を呼んで、目と目を合わせるトレーニングをしましょう。

 

STEP @ 名前を呼んで、おやつでワクに誘導する

 

リードをつけます。ごほうびとなるおやつを見せて、名前を呼びます。

 

興味を持ってよってきたら、そのままワクのなかまで誘導します。ワクに入ったら、よくほめてごほうびを与えます。

 

ポイントは、リードを軽く何度か引いてワクまで呼て寄せ、鼻面におやつを見せながらワクのなかに誘導することです。トイプードルがワクの外にそれてしまうときは、リードを軽く何度か引いて合図を送り、ごほうびを見せて「こっちだよ」と誘導します。

 

STEP A アイコンタクトをとる

 

ワクに入ったたトイプードルに、ごほうびを見せます。

 

最初は鼻面に見せ、トイプードルの視線がごほうびをとらえたら、あなたと目と目があうようにごほうびを移動します。そのときかならず名前を呼ぶようにしてください。

 

ポイントは、あなたとトイプードルとの視線上にごほうびをかかげ、あなたの目元までごほうびをゆっくり引き寄せてることです。そして、視線を合わせることができたらごほうびを与え、トイプードルが中に入った状態でたっぷりとほめてあげましょう。ワクの中にいることがいいことだと理解させます。

簡単・確実におりこうなトイプードルになる方法

 

このサイトで紹介しているしつけの方法であなたのトイプードルはおりこうになるはずです。おりこうになったトイプードルとの暮らしを満喫してください!

 

その一方で、ほかのトイプードルよりも物覚えが悪かったり、大きくなってしまっていて悪い習慣が定着してしまい、当サイトで紹介した方法では治らないというケースもあります。

 

そのような場合は諦めるしかないのでしょうか?

 

いいえ、全く問題ありません。当サイトで紹介したしつけの方法よりも簡単に実践できて、よりおりこうな犬にする方法があるんです。

 

我が家にもトイプードルが二匹いて、二匹目が家に来た時は一匹目は既に大きくなっていました。一匹目のトイプードルは当サイトで紹介したしつけ法でじっくりと育てることができたので、それなりにいい子に育ってくれました。

 

しかし、二匹目が家に来たときは、ちょうど育児など色々なことが重なり忙しすぎて、満足なしつけができない状態でした。そのままほとんど何もしつけをしなかったのが悪かったのでしょう、二匹目は暴れん坊になってしまいました。言うことをきかない、唸る、吠える、ものを壊す、毎回違う場所でおしっこをするで大変でした。そうこうしている間に成犬になってしまい、悪い習慣も抜けなくなっていました。

 

多頭飼いの場合、普通はある程度年上の犬を手本にして「いい子」になってくれるものなのですが、二匹目の子は違いました。天然の暴れん坊でした(私がしつけを怠ったのが最大の原因ですが…)。

 

そこで、評判の良かったこのしつけ法を試すことにしました。少し時間はかかりましたが、最終的に見事に「いい子」に変わってくれました!

 

このしつけ法は一般的な犬のしつけ法とは違いました。その犬の性格に合わせたしつけを実践するんです。つまり、一匹一匹違ったしつけ法なんです。そこが効果があった理由の一つだと思います。

 

このしつけ法を知るまでは、訓練所に入れようかとも考えました。しかし訓練所は高い費用がかかりますし、戻ってきて訓練士がいない環境になるとまた元に戻るとも言いますし、暴力を振るう所もあるようでしたので、訓練所には預けたくなかったんです。

 

今では二匹目も立派な「いい子」になってくれました。あの頃の暴れん坊が嘘のように「いい子」になってくれました。

 

「ウチの子は頭が悪いから」「もう大人になっちゃったから」と諦める必要はありません。公式サイトの動画を見てもらうとわかると思いますが、どんな問題犬でも「いい子」になっているんです。自分でしつけるので元の問題犬に戻るなんてこともありませんし。

 

簡単確実に「いい子」なってくれるしつけ法です。可愛いトイプードルとの充実した生活を送りたい人には、この「森田誠」さんのしつけ法をオススメします。